Toke藩農場

自給自足政策

 

本来無一物

我々Toke藩は、全てを失った時やいかなる窮地に陥った時ても平常心を保てるようにするため自ら国を作れる人材を育成する。

それはつまり自分の可能性を無限に信じられる人材を作るということ。自殺の原因は己を信じられなくなったからである。

自給自足ができることで、無一文になっても、それが全ての終わりではないことがわかるようになる。

土気の谷津田にある畑。谷になっています。

そうとういい場所です。

谷に吹く風が最高に気持ちよい

竹竿が立っている手前がToke藩の場所。まだ耕してない。

場所は最高だ!
奥の方に湧き水がある。
その湧き水をまく