MIXI上の流しそうめん祭りの説明

涼しくなったと思いきやまだまだ残暑は続きます。 その残暑を乗り切るために流しそうめんを企画します。
来年の大会後に流しそうめんやりたいのでそのための試しと3on3の打ち上げをかねてやります。

流し素麺の構造。水をポンプで循環させての流し素麺です。微妙な勾配を決めるのに時間がかかりましたが皆で協力し合ってそれも面白かったです。

天気は文句なしの快晴!!!この流し素麺のためだけのような天気でした。素晴らしい!!!

遠くから見ると何をしているのかわかりませんね。

マジでいい天気です。見てくださいこの青空!!!

のび〜〜〜〜〜〜〜る

近くの町東金で英語の先生をしているアメリカ人のJamesとその友人マキさんも遊びに来てくれました。

中学生、高校生、大学生、アメリカ人、大人が参加した流しそうめんです。

計15人の参加です。これで来年はもっと気軽に出来ます。

 

真ん中の再生マークをクリック

 

皆で芝生の種を土が流れてくる場所に植えました。

そして流し素麺で使った水を再利用しました。

中学生が流しそうめんの支え棒で耕しているところ。

バスケに来ていた中学生も手伝ってくれた。

豊かな創造力

買出し組みが買い物に行っている時に急きょスイカ割りをしようという案が出て

買出し組みにスイカを買ってくるように頼みました。

そしてスイカ割をしました。

日も暮れてきたので最後に皆でスイカ割りをしました。スカウトマンのマキさんです。

一番最初にスイカに当てた船長。

スイカちゃんに伝説のスイカスマッシュを食らわしてくれました。

彼こそ真の座等市です。

 

なくなるのは早かった・・・・・

 

 

 

伝説のスイカスマッシュです。

真ん中の再生マークをクリック

 

このゴールができてから初の夏は流し素麺&スイカ割りで幕を閉じました。

最初の年から最高に盛り上がりました。

 

来年もかならずこの大会と流し素麺をやります。

大会は春に一度、夏休みの始めに一度

そして最後は土気のサマーフェスティバルのある八月最後の日曜日と決めました。

流し素麺は夏の二つの大会の間にある日曜日に入れます。

流し素麺&スイカ割り&コートのブラッシングをすることに決めました。