皆の力を合わせて成功させた第一回大会予想の3倍は盛り上がりました。

 

下記が三on三大会を始めるきっかけになった掲示板上での会話です。

2006年08月14日
20:11
55: 船長
お久しぶりです。船長です。
最近、バスケ友達とよく話しているですが、
創造の杜の祭りの日に、3on3の大会の様なものをやりませんか?5on5でもいいんですが・・・

2006年08月14日
22:13
56: Supershinyajin.com
>船長

いいアイデアだね。
トーナメント表を作って形式的に試合を進めていくだけでもよいと思う。

大勢の人が来なくても、イベントしているってことを皆に伝えることができれば良いよね。来年はあすみが丘の夏のイベントとして正式に認められるかもしれないし。そのうち土気の名物イベントになれば良いね。どんどん船長たち若い世代が動いてくれればそれも不可能ではないよ。

と言っても「絶対にやる」という熱い人が6人はいないと無理だ。今のところとりあえず船長と俺か。ここで反応がなければ、船長が学校のバスケ友達と企画すればできるよ。

祭りっていつだっけ?

2006年08月15日
12:49
57: 船長
祭りは、26日、27日だったと思います。


2006年08月15日
20:55
58: Supershinyajin.com
そうか。俺は26日だけできるのだがどうだい?
船長の友達は何人来れるの?

2006年08月15日
21:02
59: 東金Jessica
its sad that i cannot join the game.....


2006年08月15日
22:40
60: 船長
たぶん3人ぐらいだと思います。
俺も26日は出れそうなんですけど、27日は、無理そうです。


2006年08月15日
23:11
61: Supershinyajin.com
おっし。じゃあ26日決定です。
一人でも二人でも良いから小道具を使ってイベントしてますって雰囲気をだそう。
と決まればビラ配りでしょ。
明日外で話しましょう。


2006年08月16日 00:00
62: 船長
承知しました。


2006年08月16日
19:37
63: Supershinyajin.com
今日船長と話して26日午後2時に開始ということに決めました。
多分そのぐらいの時間帯が皆祭りに行く時間帯なので一番よいでしょう。でも船長は5時半から4時間の塾があるそうだ。5時には終わらせないとね。

中学生船長の案をバックアップする形でToke流Ninjaが動きだしました。

そして8月17日大会の9日前に

MIXIにてイベントを作成しました。

下がそのイベントを立てた時の内容です。

若き土気流中学生Ninja達の希望であすみが丘の二日間の祭りの最初の26日に我らストバスコートで3on3大会をすることにしました。それともう一つの理由は祭りの日で必ず人がいっぱい来ると思うので、コートの独占を防ぐために皆参加できる試合をすることです。

やるからには目標があります。
今回の狙いは、祭りに行く人たちをコートに立ち止まらせることです。そして、いずれ土気のサマーフェスティバルの一つのイベントとして町から認められること。

方法は、イベントしているぞという雰囲気をだすために大きなトーナメント表を便所にでも貼り、レフリーをつけることです。

一度決めたらやるしかない。点数などの詳細を決めなくてはいけないのでどんどんアイデアをだしてくれ。

 

当初は6人いればそれだけで一応三対三のゲームできるからというノリでした。

祭りの日に知っているものどうして集まれば楽しいだろうなってノリです。

それでもやるからには本気でやるということで下の広告を作成し

プラザ(公共の体育館)で配りをしました。

ストバスコートで出会って2ヶ月ぐらいしか経っていない酔ケント(幟や賞品のボールを作成)とDaisuke(MC)でルールや全体の流れを話し合い当日に備えた。

そして当日。朝まで軽く雨が降っていたのでかなり心配でしたが、真夏の太陽をさえぎる程よい曇り空で完璧なスタートをきりました。

2時から開始の予定でしたが、たくさんの人たちがすでに来ていました。その人たちに掃除等手伝ってもらい、いよいよという感じになりました。

 

土気ストバス名物おじさんです。お掃除おじさんでもあります。

中学生と高校生掃き掃除とガム取り。

チーム登録をして開会式へ

受付中 

小学生田中君(赤)は勇敢にも一人で乗り込んで即席チームに登録しました。真のMVPだ!

開会式

Daisukeが司会で僕の軽い挨拶と酔ケントのルール説明、そして始球式・

空中戦

Daisukeの解説MCと音楽をバックにノリが絶好調に達しました!!

第一回優勝チームモグモグ

市原からはるばる来ました。千葉の強豪クラブチームのプレイヤー達です

地元の祭りの日だったので大勢の観客が立ち止まって見てくれました。

ボランティアーでレフリーをしてくれた加藤君(左)と得点&タイムをしてくれた田中さん土気中一味(右三人)には心からの感謝です。

このように若い世代を中心に老若男女皆が力を合わせて一緒に成功させた大会でした。感激!!

最初は2チームあればゲームが出来るというノリでしが当日はなんと計16チーム、70人近くの人が参加しました。

小学生、中学生、高校生、大人が参加した大会でした。

 

写真をクリックするとスライドショーと動画のページにいきます。

雰囲気を味わいたいならお薦め。

を見たい方はここをクリック

来年もかならずこの大会と流し素麺をやります。

大会は春に一度、夏休みの始めに一度

そして最後は土気のサマーフェスティバルのある八月最後の日曜日と決めました。

流し素麺は夏の二つの大会の間にある日曜日に入れます。

流し素麺&スイカ割り&コートのブラッシングをすることに決めました。